「神経美容」によるニキビ予防のコツ

ニキビの原因を考える

大人ニキビの原因は複数あります

大人になってからできてしまうニキビを「大人ニキビ」と言います。
中学生や高校生でもない社会人になった私たちに、なぜニキビが出来てしまうのでしょう。
その理由をしっかり理解して、根っこを断たねば、ニキビは必ず再発してしまいます。
いくらスキンケアを頑張っても、元の木阿弥なのです。

私はニキビはできるだけ自然治癒で治すべきだと考えています。
もちろんニキビケア化粧品は利用します。
でも、ニキビ予防の対策をしなければ意味がないと考えています。

食生活と生活習慣が大切になる

ニキビができにくい人とはどういう人のことを言うのでしょうか?
それは規則正しい生活をしてい人のことを言います。
生活が安定しているために免疫力が高く、ホルモンバランスが乱れにくいのです。
言い換えれば心身ともに健全な人とも言えます。
ストレスや心の病など精神的な影響がニキビを悪化させていることもあります。
心が健康でなければ、お肌も荒れてしまうのです。

ある皮膚科のお医者さんは、長い間ニキビを患っている患者さんは、生活習慣か心の病か、どちらかに問題がある。と言っていました。
社会生活や心因性のストレスから肌環境が悪化することは、科学的にも報告されています。

正しい対処法で治癒力が上がる

このようにニキビの原因となっているものは、単純に雑菌(アクネ菌)だけではありません。
根本的な改善のためには、アクネ菌が増えてしまう要因となる環境を無くす必要があるのです。

それは逆に言えば規則正しい生活を送り、適切なスキンケアを実践できてれば、必ずニキビが治る、ということでもあります。
1つの肌荒れ、ニキビの裏側には、ニキビになってしまった人の生活習慣や、暮らし方、性格までもが現れているのです。
大人ニキビは社会人生活を始めてから数年間が一番多く発症すると言われています。
これは社会生活の戸惑いや疲れ、ストレスなどが影響しているようです。
お肌に表れてしまった心の問題や不規則な生活習慣を克服し、適切なニキビケアを行っていきましょう。

女性のためのアイテムを選ぶならこちら

最新投稿